~ 成長スピードが早い医院の失敗談 ~

【つゆくさ歯科医院(名古屋)編】

​【予防型経営★実践アカデミー】会員限定

2018年6月24日(日)

名古屋にて開催

​特典動画セミナー(60分)付き

「各種媒体に求人を出しているが、ほとんど応募が来ない、開業以来10年間でこんなに求人に困った時期はない」

「インターネットで他医院の雇用条件がオープンになり、それがSNSやLINEで共有され、ほぼ全スタッフが近隣医院の条件を知っており、昼休みに話題になったりしている様子」

「政府の働き方改革により雇用される側に時短、副業推奨など優遇政策がでて、今までのような【診療時間の延長、1医院勤務】が当たり前の雇用形態が難しくなった」

最近は、このように感じられている院長が増えました。

「求人難、情報オープン化、働き方の見直し」といった時代のうねりが、歯科医院経営を難しくしています。そして、このことを実感されています院長が名古屋市緑区開業の開業7年目、つゆくさ歯科医院小塚義夫院長です。

【医療法人 つゆくさ歯科医院概要】

所在地    :愛知県名古屋市緑区

​ミッション  :気づきが生まれる医療

ユニット数  :6台(全室個室)

スタッフ総数 :約16人

年間売上   :2億円弱(4年目)

(3年前)

​リコール来院数:300人/月

​1日来院数   :60人以上

自費率    :35%以上

(現在)

400人/月

​ 70人以上

 24%以上

小塚先生には2015年にユメオカDVD対談に出演いただき、4年で2億円医院に成長したマーケティングやマネジメントについてオープンに語っていただきました。このDVD対談をご覧になられた院長も多いと思います。そして、そのDVD対談をご覧になられた堺市のやすふく歯科クリニック 安福茂雄院長からは、次のように感想をいただきました。

今回つゆくさ歯科医院の対談DVDを拝見することができて、

以下の点で大変参考になったと思います。

•コンセプトやミッションの文章化

•マーケティングからターゲットの具体化

•患者教育・啓蒙としてのHP

•院長とスタッフの架け橋になるチーフの存在

•外部パートナーとの良好な関係

大阪府堺市 

やすふく歯科クリニック

​安福茂雄様

つゆくさ歯科医院を参考にして、自院に合ったコンセプト、ミッションを明確にして、具体的にHPのリニューアルや看板の設置、スタッフ教育に取り組んでいきたいと考えています。

このような医院をつくられた小塚義夫院長、一般的には成功医院だといっても過言ではないでしょう。

しかし、外から見ると成功医院でも内部は大変、ということはよくあります。というより、あるステージになれば、「お金、スタッフ」の問題は全て解決するかといえば、そうではないのです。それまで潜んでいた問題が露呈することは普通にあります。特に成長スピードが早い医院はほぼ、顕著です。そして、小塚先生もそのお一人です。

というのもあのユメオカ対談後(2015年)、小塚先生は医院のマネジメントに大変、苦労されました。その一部をご紹介しますと

歯科衛生士と歯科助手が分裂、モンスター歯科衛生士がでてきて、院長がその仲裁にエネルギーを吸い取られる

​1年間で4人もの歯科衛生士が退職した

一部のスタッフの髪の色が金髪に、診療中の私語が日常茶飯事になり、​遅刻が頻発した

給与、有給休暇など労務上の不満が噴出し、規約の見直しが必要に

といったことが続出しました。この時期(2016年~2017年)、小塚先生は

とまで思われたそうです。2億円強でしっかり利益も残り、歯周病専門医として多くの患者さんから信頼を寄せられていた医院を、です。一体、何があったのでしょうか。それはあなたの医院で起こる問題とさほど変わりません。やはり、共に成長を楽しめないと感じるスタッフと働く医院では、規模や収益に関わらず、このような、苦しい思いが生じます。

そして、一直線に成長する医院などないのです。

もちろん「大好きな診療に集中できない」ジレンマがストレスを増幅させ、小塚先生は「閉院したい」とまで思われたのだと思います。規模や(医院の)外見に関わらず、マネジメントについて同じように悩んでいる院長は多いのです。決して、“上がり”はないわけで、一人で孤独に苦しんでいる院長が大半です。

冒頭に記した時代背景の変化がそれを促進させているかのようです。時代背景の変化とは、

「医院がスタッフを選ぶ」時代から「スタッフが医院を選ぶ」時代への変化です。

そのためには「今までの医院マネジメントが通用しない、新しいマネジメントのあり方、やり方を柔軟に取り入れ移行させていく」しかないです。

それには「今までの医院マネジメントの失敗談、そこから得た教訓、新しく見出したマネジメント法」に試行錯誤する話がもっとも役立ちます。特に他人の失敗談程、貴重な情報はありません。知らなければ同じような失敗に苦しむわけで、知っていれば完全に予防できなくても被害を最小限にできます。そこで今回、つゆくさ歯科医院の小塚義夫院長にしくじり院長になっていただき「今までの医院マネジメントの失敗談、そこから得た教訓、新しく見出したマネジメント法」をお話しいただきます。 

この点について、小塚院長は次のように話されています。

今までは自分で何とかしよう、スタッフは何とか変えられると考えていました。そのため、ワンマンなスタイルで、スタッフと真剣に話合うこともしていませんでした(無意識に避けていました)。しかし、(今回、講師も担当される)鷲見さんがスタッフと真剣にぶつかり合う姿を見て、自分に足りないことに気が付きました。それがスタッフに選ばれる医院に必要なことだと分かったのです

このセミナーは、時代の変化に上手く適応できず「マネジメントのあり方、やり方」が見えなくなり、スタッフ問題に苦しむ多くの院長に新たな気づきと知恵が得られます。

そしてこのセミナーでは、つゆくさ歯科医院に外部サポートしているコンサルタントのリミエルの 鷲見裕子さんにも講師として登壇いただきます。鷲見さんは、つゆくさ歯科医院で接遇やスタッフ育成を担当し、一定の規律を医院に定着させました。小塚院長は「鷲見さんにはスタッフに伝わる言葉を選んで、規律をつくっていただけた」と言われています。この2人がタッグを組んで当日、お話しさせていただきます。

【プロフィール】

こんにちは、つゆくさ歯科医院の小塚です。当院はH23年5月に、歯周病治療を中心とした医院モデルでチェア3台で開院しました。

その後、紆余曲折はあったものの順調に成長し、3年前にはチェア6台となり、ユメオカの丹羽さんとの対談DVDも収録できる状態になりました。

しかし、その対談DVD発売後、次々にトラブルが生じ、医院や私の心はボロボロになりました。

髪の毛がどんどん茶色になっていくなど、スタッフの規律の乱れから始まり、DA vs DHが激化し、スタッフからの労務上の不平不満が出るなど、一時期あまりにも現状が嫌になってしまい、医院を閉院してもう一度やり直そうかとまで考えたこともありました。

【講師プロフィール】

医療法人 つゆくさ歯科医院

理事長 小塚義夫

そんな中、丹羽さんから叱咤激励され、また鷲見さんを紹介され、丹羽さんや鷲見さんなど外部パートナーの方々の強力な支援をいただき、何とかトラブルを解決することができ、次の成長カーブを描く準備に入ることができました。

今回のセミナーでは、その私の失敗を赤裸々に告白し、それぞれのトラブルに対してどのように対応したのか、そして、再発防止のための仕組みづくりまで、ご参加いただいた先生方の少しでもお役に立てるようお話しさせていただきたいと思います。

【プロフィール】

大型医療法人にて副院長に就任。

スタッフマネジメントやコンサルティングを担当。

20年の臨床経験を経て独立開業。

現在経営コンサルタントとして経営に即した現場指導を行う。

すべてのことに意味があり価値がある、目的意識をもって自律するスタッフの育成を目指す。

【講師プロフィール】

リミエル代表 

鷲見裕子

その結果 長期安定型の予防歯科医院を創り出す。

現場にこだわり確かな医療の提供をより多くの皆さんに届くように 医院運営のサポートをしています。

それでは6月24日(日)当日のスケジュールです

開場(14時開場、14時30分スタート)

1.

2.

ご紹介(ユメオカ丹羽浩之より)

3.

パートⅠ90分

(休憩)

4.

パートⅡ(50分)

5.

パートⅢ(30分)対談

6.

質疑応答

その後、希望者のみで懇親会へ

セミナーで披露頂いた失敗談を肴に大いに盛り上がりましょう!

また、セミナーの具体的な内容は以下の通りです。

パートⅠ:講師 小塚義夫

  • ユメオカ対談DVD後に起きた医院で起こったトラブルの数々

  • 雇用難な時代に適応するマネジメントの変化

  • 雇用のあり方

  • 院長の5つの優先順位

  • つゆくさ歯科医院流チームづくり(ミーティングと面談など)

  • 6種類のミーティングを使い分け

  • 他力本願が大事、外部パートナーの活用(士業3人、コンサルタント2人)

  • 目的別面談方法(例:注意する時、退職したいと言われた時など)

パートⅡ:講師 鷲見裕子

(つゆくさ歯科医院で接遇やスタッフ育成を担当)

  • コンサルスタートからの取り組み

  • 評価を受け辛いスタッフの成長曲線を知る

  • 歯科衛生士以外の女性スタッフの可能性

  • 経営者とスタッフをつなぐコンルタントの役目

  • 長期安定予防歯科を実現するチーム作り

【セミナーの付録資料一式】

そして、このセミナーは次のような方にピッタリです。

共感しあえるスタッフと共に成長し、患者さんに喜んでいただける​医院づくりに回帰したい

マネジメントに正面から向き合わない限り、同じことの繰り返しに​なるのを実感している

成長スピードの早い医院が露呈する問題の数々を知り、予防しておきたい

2億円医院でもマネジメントには苦労されている現実を知り、明日への活力にしたい

また本セミナーでは小塚義夫理事長より特典として以下の動画セミナー(約60分)もご提供致します。当日は90分(小塚様の担当分)という限られた時間の中、事例を中心にお話しいたします。そのため、つゆくさ歯科医院の理念や考え方についてその背景を含めてお話しする時間がありません。そこでセミナーに申し込まれた方に特典として動画セミナーを事前に送信致しますため、セミナー当日までにご覧いただければ理解が深まります(WEB上でご覧いただけます)。

【参加者特典(動画セミナー60分)】

これからの時代に求められる歯科医院経営

時代の流れに溺れかけて気づいたこと

映像の一部(10分程度)をこちらからご覧いただけます。

セミナー終了後には、希望者のみの懇親会(1人5,000円程度)もあります。懇親会は場所の関係で最大20名までになります。小塚義夫院長、鷲見裕子さん、丹羽浩之も懇親会に参加しますので、みなさんで失敗談を共有し合いましょう。

最後にセミナー参加費ですが、会員価格16,200円(税、送料込み)です。

このセミナーは「予防型経営★実践アカデミー」会員の方限定で、ご案内しています。

なお、キャンセルのご連絡は6月15日(金)までであれば全額返金致しますので、まずはお席を確保いただければと思います。

セミナー詳細は下記の通りです。

【日時】

2018年6月24日(日)

14時30分~17時30分 (開場は14時からです)

【会場】

名古屋市中村区名駅4-4-38

ウィンクあいち903

(名古屋駅より徒歩3分)

【参加費】

16,200円

(※)

懇親会参加をご希望の方は別途5,000円程度になります。場所の関係で最大で20名で締め切りとさせて頂きます。

【定員】

30名

(※)

定員の関係で1医院様の最大参加可能人数は3名までになります

(只今、会員価格で16,200円(税、送料込)

​こちらのセミナー申込の受付は終了致しました。

株式会社 ユメオカ

​代表取締役 丹羽浩之

〒651-0086 神戸市中央区磯上通6-1-17-6F

電話 078-412-8505